壁にしゃべり続けるブログ

壁と会話と時々ꘐ

説明

こんにちは。こんにちは。挨拶は大切なので積極的に行いましょう。稀に挨拶を無視されることがありますが、その場合相手は人間でないケースが多いので大丈夫です。無言を貫いてガンジー魂を発揮してやりましょう。大抵さらに無視されます。

説明責任です。行為には責任を伴います。よって説明します。今回の原因は、山口めろんちゃんです。正確には誰でも良かったので、誰にも原因はないのかも知れません。世の中の問題は時として、このような状態に陥りがちですね。紛争、差別、いじめ、サークラの姫、寝てない自慢、アウシュヴィッツ、、、

誰かがふと思いました。ある日、突然数年前のツイートにリプライが飛んできたらどう思うだろう、と。思ったからには実行しなければいけません。なぜならば、私たちは考える葦だからです。踏みつけられても、折られても、考える限りニーチェ哲学的な超人に到達できるかも知れないからです。ならば、やってやりましょう。目の前には山口めろんちゃんがいます。このまま、思うがままに、我がままに、前に!、、、しかし、理性がありました。これはまずい、退け、退け、と。

そこで、折衷案です。めろんはパない案件です。脳内在住の孔明先生が囁きました。「先敵馬攻、人落見後、是腹空也」と。私は登山家の馬謖と違い、人の話をよく聞くので、これに従い、そして文脈は終了です。入学式は緊張しますね。自分以外全員スーツでしたので。

そして亀です。これは、亀の歩みが遅いことを前提とし、暗に私のリプライが遅いということを示す高度な言葉遊びです。さらに、亀は万年と言いますから、時がこんなにも経過したのだなぁと表現する感嘆の意も示しています。なんとも婉曲的ですね。こんなにも詩的な返しを貰ったのですから、こちらも相応の返しをするのが平安的な礼儀作法です。私のスマホでは、件の亀の後に蛇が絵文字です。でしたので、四年前の干支が蛇である周知の事実を元に、現在の干支までを並べることで時の流れを表現することにしました。これには右脳に寄生してる藤原定家ニコチンです。が、いまいちここが伝わらなかったのかなーと反省点です。歌合はあまり好きくないので、今度は狂歌の合わせでお願いします。以上ですね。これで経緯が理解出来たかと思います。皆さんは、経緯ですか?

最後に風景です。

f:id:toromai318:20170509152901j:image

火曜とガンパレードマーチ

おはようございます。 火曜日です。火曜日は、7日で構成される1週間の内、月曜日の次であり、水曜日の前の日です。その他の曜日も同様に定義され、最後は帰納法により全ての日が曜日に当てはまることを証明することができます。皆さんは、証明されていますか?

ガンパレードマーチです。古いですね。こんな古い話しかできないことから、若者の知り合いが少ないことがわかります。ガンパレシミュレーションゲームであり、ギャルゲであり、SFです。友好度が低い相手に弁当を誘うと断られることで有名です。私の中で。

ガンパレと言えば戦術です。もはや、ガンパレについて語ってる人々の半数は坂上先生の戦術理論の話ではないでしょうか。それ位あの戦術理論は普遍性が高くて印象に残りやすいですね。

前提として、ガンパレ世界は何処かから現れた異性物と戦う学徒出陣ものなのですが、異様にシビアなことで有名です。ぶっちゃけ、もう後がないこの世界で少しでも犠牲者を少なくしてこの二ヶ月を過ごしましょうねーみたいなノリなので、みんな自分達でこの戦いを終わらせよう!なんて考えは露ほどもなく、生き残りてぇとか、死ぬ前に彼女作りてぇなぁみたいな雰囲気です。

そんな中、坂上先生というイカれた先生だけが「鉛筆1本あれば幻獣なんて殺せますよ」「私はかつて英雄というものを見ました。あれがいるならこの戦争は終わるでしょう」などとファンタジーなことを言い出すのです。普通なら、何言ってんだ?って話ですが、ここからがこのゲームのキモで、この先生、まったく正しいことしか言ってないのです。

「なぜ戦力の逐次投入が愚の骨頂なのか」「なぜ世界中のどの軍隊も剣や刀を持たせずナイフを持たせるのか」「なぜ戦闘において地理が重要なのか」などなど、よく考えたら知らないようなことをこの先生はひっじょーーにわかりやすく解説してくれるのです。最たるものに「なぜ人型兵器が強いのか」という有名な授業があり、ぶっちゃけほとんどのリアル系のロボットものはこの授業以上に説得力のある「なぜ人型ロボットである必要があるの?」という回答を出せていません。

「走る速度は車以下、的の大きさでは戦車以上。使える武器の大きさは重量比で、いかなる車両にも劣る。それが、あなた方が乗る最強の兵器の能力です。」

まるで意味がわからないと思いますが、実際坂上先生の話を聞くとなるほどなーとなります。もはや洗脳に近いものがあります。ちなみに進撃の巨人はこの作品に影響を受けてるらしいです。これも両方知ってるとなるほどなーとなる案件です。

最後に写真です。

f:id:toromai318:20170509092835j:image

似てる

f:id:toromai318:20170509092848j:image

ペビ丼

 こんにちは、12時ちょいです。現在、午後です。月曜はなんとか乗りきれそうでなによりです。皆さんは、なによりですか?

 

ペッパービーフ丼です。ペッパービーフ丼は、丼で、おそらく公立大学の学生生協があるところの多くで生息しています。期間限定の特別メニューを気取っていますが、季節を巡る度にペビ祭りは開催されるし、なぜか400円と普通の丼より10円安いので、全然特別感がありません。味はペッパーでビーフな感じです。これだけだと薄いので、より正確に表現するように努力します。

まず、牛があります。牛は、グラム数にして40gほどだと思います。特徴は、脂身が多く、またタレ自体も脂っこいので、とても油を感じます。しかし、それだけでは物足りないので、ポテト的なポテトがポテッと添えてあります。この表現は個人的に満点だと思っています。このポテトがペビ丼における本質で、くどいタレとペッパーとの相性が最高です。ちなみに形状はまんまマックのポテトです。あと、なぜかコーンが乗っかっています。おそらく、色味の調整用だと思いますが、明らかにコーン分過剰ですし、なにより炭水化物の3乗になってしまって、とても頭が悪くなります。

いかがでしょうか、ペビ丼の魅力、理解、してくれたでしょうか?別に、理解しなくても皆さんの人生にまったく影響はないですし、正直近くに吉野家があるならそっちでいいような代物です。

最後に紙片を上げます。

f:id:toromai318:20170508131036j:image

月曜とペルソナ5

おはようございます。ついに、月曜日です。もう、終わりました。どうしようもないです。個人的な話ですが、今週は絶望です。来週も、恐らく絶望です。皆さんは、来週ですか?

 

ペルソナ5です。このブログは、私の記憶の糸を手繰って微かな情報をまとめることが目的です。今主題が産まれました。しかし、明日にはブログ自体を辞めていることもありえるので、人生です。

ペルソナ5は、RPGで、学園モノで、ピカレスクロマンです。ぶっちゃけ今作学校の意味が薄いので、若造のピカレスクが正しい表現でしょう。

特徴として、とにかくUIが秀逸です。メニュー開いてカーソル動かすだけでもちょっと面白いです。エンカウントがcoolです。ロード画面がシャレオツです。中村光一さんが「面白いゲームは移動するだけでも面白い」と言っていたのにも通じます。ボタンを押した時のレスポンスの快感はゲームの原始的な面白さですね。

中身の話です。しかし、先ほど本質をお話したので、特に語るべきことはないです。ストーリーとかグラフィックとか音楽は語りやすいですが、本質ではないです。

お話は、とにかく序盤に極振りです。開始から7時間くらいがとにかく最高で、その勢いをもって優勝するイメージです。尻すぼみと言わないのは序盤が良すぎるだけで、後半が微妙なわけではないからです。ただ、若干反則技使っているのはいろいろ思う所があります。

キャラクターです。わりと普通です。強いていえば中盤以降の敵のキャラが弱いです。鴨志田が強すぎるとも言います。鴨志田は素晴らしいです。全世界の体育教師嫌いの熱い思いを結集した「体育教師玉」です。やはり、体育教師は滅っさなけさればいけないと強く願えます。序盤が面白いのもこいつのおかげですね。ファックカモシダ。

音楽です。シックです。個人的に通常戦闘曲はもっと熱くて良いのでは?と思いました。それ以外の曲でミスマッチ感はなかったので及第点です。異様に評価が厳し目なのは、それ以前のシリーズが連続優勝していたからです。あとラスボス戦の曲がまったく思い出せないのは異常事態です。

戦闘バランスです。アトラス系のゲームではわりと本質である要素ですが、最近のは難易度選択があるので総括的には言えないですが、最高難度に関しては序盤がキツくて中盤は普通で後半が簡単ないつも通りのPシリーズです。システムに慣れすぎているとも言えます。

以上ですね。講義を無視して書いてるので若干文章が変かもですが、無視して下さい。

最後に本質です。

f:id:toromai318:20170508094104j:image

 

PSO2

悲しいです。虚しいです。こんなに悲しいのなら、苦しいのなら、連休などいらぬ!我がGWに一遍の悔いなし!ピシャーン!ゴロゴロ、クェックェッ、ポーポーポーモロロロガヌガヌモレツネコピー休み、み、み、帝?皆さんは、帝、です、か?

 

本題です。ピーエスオーツー(PSO2)は、オンラインゲームです。持論ですが、オンラインゲームはチャット機能さえあれば他の機能は不要だと思っています。敵がいるから、プレイヤーは闘争する必要が生まれます。闘争するには、武器が必要です。武器を手に入れるには、敵に勝たなくてはいけません。

矛盾です。正確には、ジンです。廻る輪になっています。始まりを持たない終わらない輪です。簡単に言えばウロボロスです。そもそものコンセプトが矛盾なのですから、人が狂うのは当然です。「こんなげーむにまじになってどうすんの」と言うのは、ヤク中に薬の愚かさを解くくらいの愚行です。

次に、状態です。オンラインゲームは無限の効率を求めるゲームなので(なぜこうなるかと言えば、時間が有限であることが全てのプレイヤーの共通認識だからです)、当然オンラインゲームの文脈に染まった人間は、効率的でないものを排除する傾向にあり、さらにその文脈の中では不変の真理です。しかし、無限の効率を求めることは、有限に生きる我々には厳しいです。また矛盾です。そのため、オンラインゲームのファンコミュニティにコミットすると病みがちです。

解決策は、会話です。つまり、自分が異端であることを承知で「こんなげーむにまじになってどうすんの」と言い続けます。当然、天上人には理解されないですが、下民は共感します。そして、多くの場合下民は数が多いですし、社会的地位も高いです。天上人はファンキーな人が多い傾向です。これで革命成立です。ファンコミュニティの階層的亀裂が深まったとも言います。

これを4年ほど繰り返すと、虚無が見えてきます。虚無は、白かったり、黒かったり、ラジバンだりしてます。ハイキングウォーキングは、文明で、乙です。あと、オンラインゲームは運子を投げられがちなので、疲れます。ゴリラ野郎は人気ありがちです。

以上がPSO2です。かなりわかりやすいと思いますし、恐らく他のオンラインゲームもこうだと思います。チャット機能があり、coopできるゲームは全部これですね。仮初の平和、戦争、そして、、、

最後に、空間を挙げます。

f:id:toromai318:20170507160644j:image

不安とリンダキューブ

おはようございます。明日から月曜日です。残念ながら、現代科学は月曜日の到達を回避することができません。ミサイルがどっかの国から飛んでくる可能性があるそうですが、日付変更線の飛来に関して人々は無関心です。まる

 

さて、リンダキューブです。なぜ今さらリンダキューブかと言うと、文脈があったからです。リンダキューブは、動物を大切にするゲームです。ちなみに人間の扱いはひどいものでして、具体的には死があります。しかし、動物もこちらのレベルが高すぎると捕獲出来ずに爆発四散するので、まあ死にます。生物とは、、、

ヒロインは賛否ありますが、顔だけ見ると可愛いし、慣れればその他も可愛いと錯覚できます。種の保存がテーマですが、川に錦鯉を放流するなどの暴挙はないですし、突然愛護団体からイルカの捕獲を止められたりすることは無いです。とても安心ですね。

ちなみにストーリーが鬱だのトラウマだのと言われますが、深い混沌の中に有象無象が蠢いているだけなので、つまりそれだけではないです。むしろ、独特のノリに着いて行けるかどうかが鍵です。具体的には、犬のステータスを上げるために調教屋でムチを打ちまくるのを許容できるユーモアくらいです。愛、とは、、、

 

最後に様子です。

f:id:toromai318:20170507140802j:image

ゴールデン

ゴールデンウィークです。しかし、最終日でもあります。これは絶望です。皆さんは、絶望ですか?よって希望を書きます。昨夜ペルソナQが終わりました。正確にはP3ルートでのクリアなので、ドラクエVで言うならビアンカ攻略してミルドラースをボコしただけとも言えます。しかし、日本ではフローラを嫁にすると人外扱いされる宗教なので、これで良いのです。P4好きくないのでオーライです。ちなみにゲーム性はほぼ世界樹で、なのに主人公が死ぬとオーバーな上に主人公強くない(この手のRPGで主人公が強くないのは兵卒無双くらいの無茶)ので頭がおかしかったです。

あとぷそ2は順調に飽きました。

最後に現象を挙げます

f:id:toromai318:20170507131357j:image