壁にしゃべり続けるブログ

壁と会話と時々ꘐ

PSO2

悲しいです。虚しいです。こんなに悲しいのなら、苦しいのなら、連休などいらぬ!我がGWに一遍の悔いなし!ピシャーン!ゴロゴロ、クェックェッ、ポーポーポーモロロロガヌガヌモレツネコピー休み、み、み、帝?皆さんは、帝、です、か?

 

本題です。ピーエスオーツー(PSO2)は、オンラインゲームです。持論ですが、オンラインゲームはチャット機能さえあれば他の機能は不要だと思っています。敵がいるから、プレイヤーは闘争する必要が生まれます。闘争するには、武器が必要です。武器を手に入れるには、敵に勝たなくてはいけません。

矛盾です。正確には、ジンです。廻る輪になっています。始まりを持たない終わらない輪です。簡単に言えばウロボロスです。そもそものコンセプトが矛盾なのですから、人が狂うのは当然です。「こんなげーむにまじになってどうすんの」と言うのは、ヤク中に薬の愚かさを解くくらいの愚行です。

次に、状態です。オンラインゲームは無限の効率を求めるゲームなので(なぜこうなるかと言えば、時間が有限であることが全てのプレイヤーの共通認識だからです)、当然オンラインゲームの文脈に染まった人間は、効率的でないものを排除する傾向にあり、さらにその文脈の中では不変の真理です。しかし、無限の効率を求めることは、有限に生きる我々には厳しいです。また矛盾です。そのため、オンラインゲームのファンコミュニティにコミットすると病みがちです。

解決策は、会話です。つまり、自分が異端であることを承知で「こんなげーむにまじになってどうすんの」と言い続けます。当然、天上人には理解されないですが、下民は共感します。そして、多くの場合下民は数が多いですし、社会的地位も高いです。天上人はファンキーな人が多い傾向です。これで革命成立です。ファンコミュニティの階層的亀裂が深まったとも言います。

これを4年ほど繰り返すと、虚無が見えてきます。虚無は、白かったり、黒かったり、ラジバンだりしてます。ハイキングウォーキングは、文明で、乙です。あと、オンラインゲームは運子を投げられがちなので、疲れます。ゴリラ野郎は人気ありがちです。

以上がPSO2です。かなりわかりやすいと思いますし、恐らく他のオンラインゲームもこうだと思います。チャット機能があり、coopできるゲームは全部これですね。仮初の平和、戦争、そして、、、

最後に、空間を挙げます。

f:id:toromai318:20170507160644j:image